塗り替えのサイン!

自分でも出来る塗装の簡易診断。
発見したら塗り替えのサインです!

チョーキングテスト

ここで簡単にできるプロの診断方法の一つ、チョーキングテストを紹介いたします。 チョーキングテストの方法は診断したい壁面の塗膜を手でこすります。すると手に白いチョークの粉のような物が付着する場合があります。この現象はチョーキ ングといい、塗膜が劣化し、建物を保護する効果 がなくなっている場合に現れます。チョーキングは塗り替えの時期が来た事を知らせる塗膜からのサインです。このサインを無視していると、建物本体の劣化に つながり、修繕費用の増大につながります。

ひび割れ

外壁のひび割れとは、外壁仕上材に部分的な割れが発生することをいいます。モルタルでは、乾燥収縮によるある程度のひび割れは、材料の特性から避けられないものです。このモルタルの表面に発生する細かいひび割れを一般にヘアクラック(髪の毛のような細かくて長いひび割れ)といい。これに対して建物の歪みや不同沈下等に伴い生じる構造クラックの他、モルタルの品質や施工不良により生じる有害なひび割れがあります。外壁の欠損とは、外壁の一部が欠け損ずることで。雨水の浸入によって外壁の構造耐力の低下の原因となる可能性もあるので、注意が必要です。

剥がれ

表面がボコボコになったり、塗装がぼろぼろと剥がれ落ちていることがあります。これは、内部や外部から水や湿気が入り込み、外壁自体を傷めている場合がほとんどです。「表面だけだから…」と安易な判断をせず、きちんと原因を突き止めましょう。

藻・カビの発生

カビの繁殖には、何がしかの栄養分が必要です。一方、光合成ができる藻は、光が当たり水分があれば、たとえ栄養源が乏しい場所でも繁殖します。藻の仲間には緑色ではなく黒っぽいものもあり、カビと思われていても藻であるケースも多いようです。防カビ(藻)効果の高い塗料を塗装するなどの手当が必要となります。

変色・退色・色あせ

太陽光の紫外線や熱エネルギー、酸性雨などによって色素の化学結合が切断されたり、異なった構造の物質になったりすると、徐々に退色、変色していきます。塗料の色あせを防ぐには、退色の原因となる光・熱・化学物質との接触を避けることが有効です。紫外線吸収剤や光安定剤を塗料の樹脂に配合したり、透明の塗料を上塗りして膜を作ることで、酸性雨が直接色素に触れるのを防ぐといった方法などがあります。

鉄部のさび(門扉・ベランダ)

屋外にある門扉やフェンス、シャッターなどの鉄部は、雨や風、日光の直射を受けて、サビが浮いてきたり塗装がはがれたりしてきます。汚れやサビをしっかり落とし定期的に塗装をすることをお勧めいたします。

シーリング材の劣化(コーキング)

窓廻りや目地の剥離をそのままにしておくと建物内部に水がしみ込み、そこから建物本体の劣化が加速され家の寿命を著しく短くしてしまう結果になります。

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com