無臭

ポリマーセメント系塗膜防水材・ビッグサンは、水系のために有機溶剤を使用しておりません。
だから臭わないのです。とくに改修工事のように、有人(既に利用者がいる)環境で、防水工事をする際には効果を発揮します。
過去実例では病院や介護施設・マンションなどでの改修工事の際に、有機溶剤のにおいが酷いために、工事が中断してしまうことがありました。

無振動

防水材の改修工事では、被せ工法といわれる既存防水材をそのまま残して、その上から新たに防水層を設ける工法が採用されることがあります。
しかし、単純に上から新しい防水材を塗布して良いかと言えば「NG」です。 これは有機溶剤でも無機溶剤でも条件は同じです。下地に密着させなければならないためです。その下地を一旦クリアに(剥離)させるために、ピッカーなどでめくったりする工程が必要なことが多々ございます。
その時の「ガガガ・・・・」という振動音が居住者へ影響を与えかねません。実際にこのケースでも工事ストップを余儀なくされて、ビッグサン防水工法に切り替わったことがございます。
ビッグサンではタイルでも密着するプライマーをいち早く開発。もちろん他の防水工法の上にも殆どのパターンにて塗布が可能です。

無音

ビッグサンの施工は主にローラ塗りが大半だと思います。その為に特殊な工具や機械が必要ありません。臭いがしない、施工が比較的簡単というjことで、防水改修工法にリベット工法が採用されることがあるようです。均一な防水層を簡単に作ることができる優れた工法ではありますが、リベットを設置する際に「音」がでます。 居住者が通常のマンションなどであればまだ我慢もしていただけるかもしれませんが、病院や高齢者向け設備などでは、振動や音は絶対と言って過言ではないくらいに御法度です。
ビッグサンでは、ローラー施工が基本ですので音が階下に影響することはありません。またクール・ド・ルーフ工法などでも塗装用スプレーガンでの塗布の場合もありますが、防音型のコンプレッサーを遠隔地に設置することで、二次的な音を極力小さくすることが可能です。

Copyright(c) 2016 Mikunisha Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com